お坊さんのお言葉「命とは・・・」

| コメント(5)

 みなさん、こんばんは^^

 

今日は昨日の記事の大先輩Wさんの告別式に参列したのですが、その時のお話です。

 

7年前に大腸がんの摘出手術をされたそうですが、その後の抗ガン剤治療は一切されず、好きなお酒を嗜みながら、事業の引き継ぎやお友達との旅行なども楽しまれ、昨年12月中旬まではお店にも出ていらっしゃったそうです。

 

昨日は書きませんでしたが、遺影の写真がすごくよかったんです。ダンディーで笑顔が素敵で・・

 

お坊さんのお説教が告別式の中でありました。お釈迦様の教えを説かれました。以下、断片的ですが・・

 

『みなさんは何が一番大事ですか?ご自分の命でしょうか?その生命は自分だけで守れると思っていらっしゃいますか?』


『命を守る、命を維持するということは、奪う、そうです、他の生命を奪うということです。』


『つまり他の生命を奪うことにより私達は生かされているのです。「生かされている」ということに気づけるのは人間だけです。それに気づかなかれば人間ではなく、餓鬼にすぎません。』


『Wさんは命の使い方をよくわかっていらっしゃった。このような方は、すぐにシャバへ降りてきて、見守っていらっしゃいます、姿は見えませんが。』


『みなさんは、見えないもの、例えば自分の心臓に感謝したことはありますか?絶え間なく動いている自分の心臓に・・目に見えなくても感謝しなければいけないものが、沢山あるんですよ』

 


上手く、表現できませんが、ニュアンスはこんな感じです。「我々は(宇宙に)生かされている」「他の生命のお蔭で生かされている、傲慢な生き方は出来ません」


Wさんの告別式だから、ますます心に響きました。明日はWさんの息子さんが言われた我々への遺言を・・

 

それではまた明日、ごきげんよう(^_^)

 

 この記事を御覧のみなさまに、よきことが雪崩のごとく(あるいは普通に)起こりますようにお祈りします!(^_^)

コメント(5)

おはようございます。

人はなぜ生きるのか?
頂いた命をどう使うのか?
しっかり考えて行きます。

おはようございます。

人間という生命体の分かりやすいいいお話ですね。
食べるということは命を頂くこと。
命のないような食べ物がコンビニなどで氾濫していますね。(^^;

日南海岸黒潮市場フルサワさん

こんばんは!

いつも朝起きて、五体満足に目が覚めた事に感謝しています。

亡くなったかたは四十九日はこの世にいるそうです・・・。

我々には見えませんが見える人からの情報です。

コメントする

宮崎県南観光ポータルサイト「いっちゃがネット」

 日南海岸黒潮市場HP
日南海岸黒潮市場HP

宮崎特産品お取り寄せ2月バナー2016


最近のコメント

ブログ1リンクカテゴリー別
宮崎の海産物加工品 (1)

宮崎ポンカン (1)
宮崎産コシヒカリ (20)

宮崎みかん「太陽の雫」 (7)

宮崎産完熟キンカン (41)

宮崎産完熟マンゴー (50)
宮崎産極早生みかん (6)

宮崎EM米ヒノヒカリ (13)

宮崎いっちゃが情報 (166)

宮崎県日南ニンニク (40)

宮崎県産コシヒカリ (2)

店長の独り言 (151)

日南海岸伊勢海老 (13)

発芽玄米の話 (3)
研修セミナー (8)
健康と食の話 (17)

日南海岸フリーブログ1
月間アーカイブ

  • 2011年2月 (28)
  • 2011年1月 (31)
  • 2010年12月 (31)
  • 2010年11月 (30)
  • 2010年10月 (31)
  • 2010年9月 (30)
  • 2010年8月 (31)
  • 2010年7月 (31)
  • 2010年6月 (30)
  • 2010年5月 (31)
  • 2010年4月 (30)
  • 2010年3月 (31)
  • 2010年2月 (28)
  • 2010年1月 (32)
  • 2009年12月 (31)
  • 2009年11月 (30)
  • 2009年10月 (29)
  • 2009年9月 (22)
  • 2009年8月 (11)
  • 2009年7月 (2)
  • OpenID対応しています OpenIDについて
    Powered by Movable Type 5.04

    このブログ記事について

    このページは、日南海岸黒潮市場フルサワが2015年1月13日 23:39に書いたブログ記事です。

    ひとつ前のブログ記事は「人間らしい最期とは?」です。

    次のブログ記事は「「それじゃぁ、お先に・・」」です。

    最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。