勝男武士屋とは?

黒潮市場内『勝男武士屋本舗』では鰹節削り実演中
 日南海岸黒潮市場(日南市のサピアショッピングセンター内1階)では、店内の勝男武士屋本舗にて毎日鰹節の実演削り販売を行っております。
日南市の隣町の南郷町といえば、西武ライオンズのキャンプ地としても知られていますが、日本でも有数の、カツオ、マグロ船団で有名です。その近海どれのカツオを、保存食として加工してできたのが、鰹節です。古くは、戦国時代の武士が携帯食として持ち歩いた、と言われています。

_

そもそも勝男武士屋とは?
 勝男武士屋本舗(南郷町南町12-14)の創業者、山崎貞夫(写真右)はそのいわれ・・戦国時代は武士の貴重な携帯食・・をくんで、チョンマゲにハッピ姿で店に立ち、勝男武士屋と名付けた次第です。
 いつも朗らかな恭子夫人(写真左)と二人三脚で、本枯れ節を店頭で削って販売してきました(現在隠居中)。そのうまさ、風味は今でも逸品です。ぜひ一度、ご賞味下さい。
 日南海岸黒潮市場店内の勝男武士屋本舗では、その他、生節、しょうゆ節、みそ節、糸削り、かつおみそなども販売しております

Follow me!